心のオアシスのような病院を目指します

回復期

4A病棟

患者さんの退院後の生活を見据えたリハビリテーション

私たちが勤務する青森慈恵会病院はケアミックス型の病院であり、その中で4A病棟は、急性期治療後の回復期リハビリテーションという役割を担っています。4A病棟の特徴として、主な疾患は整形外科疾患(頸椎・胸椎・腰椎疾患や大腿骨骨折の術後)と脳血管疾患(脳出血・脳梗塞など)、各種疾患に伴う廃用症候群で、そのリハビリテーションにスタッフ一丸となって全力で取り組んでいます。

三上裕司

特に私たちスタッフが大事にしていることは、患者さんが罹患した疾患により低下したADLをいかにして入院前の状態に近づけるか、退院後の生活において患者さんやそのご家族が困ることなく生活することが出来るかということを、常に考えています。そのために、4A病棟では医師・看護師・介護士・理学療法士・作業療法士・言語療法士・管理栄養士・ケースワーカーが、それぞれの分野の専門性を発揮し、様々なカンファレンスやミーティングを重ねることで連携を取って日々の業務を行っています。

私たちの力となっているのは、回復期リハビリテーション病棟から退院していく時の患者さんやご家族の笑顔です。患者さんやご家族の笑顔を見ることが、私たちのやりがいとなっています。そのために私たちは、これからもより良いリハビリテーション看護の提供を目指して頑張っていきます。


3A病棟

3A病棟では、「患者さんが自主的に活動的な生活が送れるよう、多職種協働で支援していきます」を目標に、様々なチームを作り、患者さんのために何ができるかを多職種で考え、積極的に取り組んでいます。

病棟の役割

患者様は皆笑顔で退院されて行かれる事が、私たちのやりがいであり、役割です。

特徴

整形や内科それぞれ対象患者様は毎日、医師はじめ多職種のスタッフが関わり一日も早く回復する為にチームで支えていることです。

斎藤夏子

3A師長(私)から一言

全ては人が人に関わっての辛さや喜びが分かち合えるものだとつくづく思えます。回復期病棟においても認知症を併発した高齢患者様に対し「人が人として思いやる」気持ちで接することで必ず、心は通じると信じ病棟一丸となって頑張っています。

3A病棟今年度(平成28年度)の目標

  1. 回復期リハビリに関わる他職種のスタッフ1人1人が必要に応じたコミュニケーションによって情報共有し働きやすい職番環境作りの努力をしています。
  2. 退院後も入院生活が有意義で良い思い出となる様、患者様と向き合っています。

2A病棟

病棟の特徴

私たち回復期リハビリテーション病棟では、若いスタッフやママさんナースが在籍し看護

介護スタッフ、多職種と共にコミュニケーションも良くワークライフバランスを充実させたシフトで明るく元気に楽しく仕事ができるように取り組んでいます。

病棟では、「この病院があって良かった。来て本当に良かった」と、理想の姿になれるようにチームワークの良さを最大限に生かし、退院調整もスムーズに行い日々取り組んでいます。

奥崎由美

病棟師長の役割

日々の変化を敏感にとらえ、職員全員で人を育てる文化・褒める風土であり労いや感謝の言葉をスタッフ同士伝えられるようにお互いに関心を持ち、看護の喜びや、やりがいを感じる事が出来る職場であり続けられるように努めています。

 

メッセージ

回復期病棟に勤務していて、多職種と連携し患者様の要望に合わせたケアを実施した結果患者様が歩いて家族と笑顔で自宅に退院される時がとてもうれしく、“これが回復期病棟だ!”と思う瞬間です。

PAGETOP
Copyright © 青森慈恵会病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.