心のオアシスのような病院を目指します

様々な場で活躍する看護師

竹花友里恵

患者さんに合わせた看護を目指して取り組んでいます

 どのような業務をされていますか?
竹花友里恵

私の所属する病棟は、整形外科疾患の手術を目的とした入院患者さんが多く、周手術期看護を担う急性期病棟です。術前は医師からの説明の他、準備する物品や当日の流れなどを説明し手術に備えます。術後は患者さんの訴えに合わせた疼痛コントロール、術後合併症が起こらないよう観察をしていきます。整形疾患だけでなく既往の内科疾患の治療を行う方もいるため、中心静脈からの点滴や経管栄養なども行っています。術後は安静度の制限もあるため、清拭や更衣、移乗などの介助をする機会も多く、患者さんに合わせた看護を目指して取り組んでいます。

 

どんどん回復されていく姿を見るととてもうれしくなります

現在の仕事のやりがいや喜びを感じるのはどんな時ですか?

私は手術に対して緊張や不安を感じるのは患者さんだけでなく、ご家族も同様だと思っています。術後付き添いをされたご家族の方が帰られる際に「よろしくお願いします」と言われるたび、大切な方の看護を自分が任されていると責任を感じると共に、頑張ろうと思えます。また手術から数日経ち、日常生活動作がどんどん回復されていく姿を見るととてもうれしくなります。数週間でリハビリ病棟へ転棟してしまう方が多いですが、患者さんやご家族から「手術の時はありがとうございました」と言われたときは、周手術期看護のやりがいを感じました。

 

笑顔で接しコミュニケーションを大切に

今後の目標や抱負など教えて下さい。

入職して2年目になりますが、まだまだ分からないことも多いです。やはり先輩方は偉大だなあと日々感じています。先輩から学んだことや自分で調べたことをひとつひとつ自分のものにして、知識・技術共に高めていきたいです。手術や検査などで多忙な時もありますが、患者さんに忙しそうと思われないよういつでも笑顔で接しコミュニケーションを大切にしていきたいと思っています。

 

様々な経験や学びを得ることができる

就職希望者へのメッセージをお願いします。

竹花友里恵
私が慈恵会病院での就職を選んだ理由として、実習での経験が1番大きいです。4B病棟のスタッフの皆さんがとても優しく、忙しい時でもご指導いただき、充実した実習を行うことができました。そのため県外出身者ではありますが、ここで働きたいと思いました。慈恵会病院はケアミックス型の病院なので、整形外科だけでなく緩和ケアや認知症の病棟などもあり、様々な経験や学びを得ることができるのも魅力の1つだと思います。ぜひ一緒に働いてみませんか?

 


吉川実里

患者様が安全、安心、スムーズに手術を受けられるよう心掛けています

どのような業務をされていますか?

吉川実里

慈恵会病院の手術室は毎日約4件の手術を行っています。手術が決まるとスタッフが役割を分担し、術前訪問や、使用する器械の準備・滅菌、手術室の準備などを行っています。
手術中は、器械出し、注射係、外回りに分かれ、手術が安全でスムーズに進むよう常にチームで動いています。機械出し看護師は手術に必要な器械を把握し、滅菌し、手術中は手術の流れを止めないよう、器械の順番を覚え、医師が手術に集中できるよう補助します。注射係看護師は患者の全身状態を把握し、麻酔薬の管理や、バイタルサイン変動時に麻酔科の指示で薬液を作ります。外回り看護師は出血量のカウントや物品の補充などを行います。これらのチームで声がけを行い、患者様が安全、安心、スムーズに手術を受けられるよう心掛けています。

 

senior_cheif-02 患者様から喜びの声を聴けたとき

senior_cheif-01 現在の仕事のやりがいや喜びを感じるのはどんな時ですか?

安全に手術を終えられることや、術後訪問で患者様から喜びの声を聴けたときはとてもうれしく思い、次の手術の意欲となります。

 

senior_cheif-02 より効率的で、より良い手術室になるように

senior_cheif-01 今後の目標や抱負など教えて下さい。

今後は、どうすればもっと手術がスムーズに行えるか、医師が安心して、また集中して手術を行えるかを考え、スタッフでカンファレンスし、より効率的で、より良い手術室になるようにしていきたいです。また、スタッフ1人1人のモチベーションの向上と、手術の技術・知識を身につけていきたいと思います。
今では年々手術件数が増え、年間手術件数は777件となりました。その分多忙さも増してはいますが、スタッフ一丸となり、声を掛け合い、フォローし合い、忙しくも楽しく仕事をしています。

 

senior_cheif-02 スタッフは皆仲良く、笑いの絶えない職場です

senior_cheif-01 就職希望者へのメッセージをお願いします。

吉川美里
手術室は閉鎖的で中が見えないため、特殊で怖いイメージがあると思いますが、スタッフは皆仲良く、笑いの絶えない職場です。スタッフは経験年数も年齢も様々で、私を含め、手術室未経験で来た人も多くいますが、プリセプター制度を設けており、先輩方のフォロー体制も整っています。
周手術期に興味のある方は思い切って飛び込んでみてはいかがですか!?待ってます(=゚ω゚)ノ

 


鈴木理恵子

senior_cheif-02 患者様の「できる」を最大限にのばすため、日々サポートしています。

senior_cheif-01 どのような業務をされていますか?

鈴木理恵子
回復期病棟リハビリテーション病棟は、脳血管疾患や骨折などの患者様が自宅復帰や寝たきり防止のためのリハビリをする病棟です。患者層は自立している方から寝たきりの方まで様々です。主な業務は患者様の全身状態の観察、医師の指示受けや処置の介助、患者様に合わせた日常生活援助があります。またプライマリー制を導入しているため、一人の患者様に入棟から退院まで密接に関わることが出来ます。医師や看護師、介護士、リハスタッフやケースワーカーと連携を図り、退院後を見据えたリハビリが出来るよう支援しています。患者様の「できる」を最大限にのばすため、日々サポートしています。

 

senior_cheif-02 患者様だけでなく職員の私たちも笑顔でいられる

senior_cheif-01 現在の仕事のやりがいや喜びを感じるのはどんな時ですか?

入棟してきた時は介助が必要な患者様もリハビリが進むにつれて出来ることが増えていき、笑顔で退院していく患者様を見た時、喜びとやりがいを感じます。患者様は日々のリハビリだけでなく日常生活そのものがリハビリになっています。そのことを十分に理解し、小さなことでも患者様へ声掛けをするよう常に気をつけています。時には逆に患者様から励まされたり、ねぎらいの言葉を頂くこともあり、嬉しく思います。病院に対し暗いイメージを抱く方もいると思いますが、患者様だけでなく職員の私たちも笑顔でいられるのが、回復期病棟の特徴であると思います。

 

senior_cheif-02 専門職としても人としても尊敬される人間に

senior_cheif-01 今後の目標や抱負など教えて下さい。

今後の目標は2つ挙げられます。1つ目は、専門職としてのスキルアップです。院内外の研修や日頃の自己学習で知識を深めます。また、回復期病棟だけでなく一般病棟や緩和ケア病棟など様々な病棟があるのが当院の魅力のため、今後は看護師として経験を積むため他病棟でも働いてみたいです。2つ目は、尊敬される人間になることです。看護師は人と人とのコミュニケーションが一番重要になります。患者様とのコミュニケーションはもちろん、スタッフ同士でのコミュニケーションを大切にしていきたいです。当院には尊敬できるスタッフが豊富にいるため、看護師という専門職としても人としても尊敬される人間になりたいです。

 

senior_cheif-02 当院の魅力は人の良さ

senior_cheif-01 就職希望者へのメッセージをお願いします。

鈴木理恵子

当院は新人看護師、中堅看護師とその人に応じた教育制度が整っています。院内外の研修、病棟内での勉強会など専門職としてのスキルアップができます。またスタッフの年齢層が幅広いため、頼れるスタッフが多くいるのも特徴です。当院には急性期、回復期、緩和ケアなど様々な科があります。そのため自分のしたい看護を十分に追求できます。何といっても当院の魅力は人の良さにあると思います。患者様に対しても、スタッフ間でも、実習生やインターンシップの方にも笑顔で対応できる自信があります。当院の魅力は来てもらって初めて伝わるかと思います!いつでも、お気軽に院内見学にお越し下さい。あなたのしたい看護が出来ますよ。

PAGETOP
Copyright © 青森慈恵会病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.